2014年上半期ハワイ不動産データと国別不動産人気度

アロハ! ハワイリゾート不動産専門の初穂(はつみ)キャンベルです。

いつもお世話になってるエスクロー会社からのデータです。

ハワイで一番不動産を購入している国民はダントツ日本人だった!!
2014年1月から2014年6月末までのデータです。

中国人のマーケットはまだそこまで伸びていません。

きっと3年、5年後には多くなるでしょうね。

しかしハワイのローカル市場がとても活発で6ヶ月で4573件の売買成立です。
次にカリフォルニア州の方ですね。リタイア、セカンドハウス組です。
ハワイとカリフォルニアは近いのでハワイが選ばれる様です。
逆にイーストコーストで人気なリタイア、セカンドホームのディスティネーションは
フロリダだそうです。

ローカル市場はライフスタイルに合わせてお家をどんどん買い替えて行くので、中古物件の市場でも
値段が下がらず前年度から約10%の上昇です。

ローカルの方は自宅を所有していても賃貸需要が高いので気軽に一般の方でも
投資物件を購入されます。

大学生のお子さまをお持ちの方でも4年間の賃料を払うよりは学校の近くに
コンドミニアムを購入して4年間エクイティーを自分のものにし、4年後は
売却される投資方法もあります。

日本の方でも2年、3年はハワイに住むの賃貸で良いわ~と言われるのですが
それだったら購入して日本へ帰国される時に売却しても全く損はないですね。

地域別で見るとホノルルの売買件数がやはりトップです。ほぼ全体の約40%

このようにデータや写真で見ると分かり易いですね。

これからも頑張ってお手伝いさせて頂きます!!

これらのデータでもっと興味深い事も発見!

又シェアーさせて頂きます。

ハワイ不動産は
ハツミキャンベル
info@hatsumihawaii.com
(808)220-1283

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です