ハワイの老人ホーム

アロハ! ハワイリゾート不動産専門の初穂(はつみ)キャンベルです。

ちょっとリサーチする事があったので皆さんとシェアーです。

ハワイのご老人はお家でご家族によって介護、老人ホームの施設で介護、
保険適用によって介護されるパターンがあるようです。

その中でも上中流階級の方が一番金銭的にかかるようです。

低所得の方は保険等適用により無料で看護、介護を受けれるシステムがあります。

しかし、アッパーミドルクラスの方達は(労働階級)の方は保険が中途半端しか
使えず、自己負担がかなりあるのです。そして選択もあまりないように思うのです。

アッパークラスの方はお金には不自由する事なしに高級老人ホームに自ら入り
老後を楽しんでいるようです。お部屋も買い取りの所もあり、
スタジオサイズで50万ドル(5000万円)で購入して月々のメンテナンス代
(これは自分も含めて)約3000ドル~5000ドル。健康体のみです。
病床の方は又別の老人ホーム行きです。

お部屋の買い取りは死後90%戻ってきますが、すでに3年待ち。
(その3年の間にもしもの事がある可能性)

ハワイではご老人がうようよしていらっしゃるのでハワイの持ち家を
担保に入れてリバースモゲージを組み、その資金でお部屋の買い取りをして
亡くなった後は肉親に遺産相続されます。

持ち家があれば良いのですが。。。。しかし持ち家がなければ又
適用保険があるので、どんな老人生活を送りたいかはその方次第ですね。

私の知り合いの方のお母様は毎日メークアップを欠かさず、
高級老人ホームへ入って社交場で
ボーイフレンドを作り、パーティーやお出かけに忙しくとても楽しそうです。
社交場で結構ボーイフレンド、ガールフレンドができると聞きました。

ある程度の年になるとお家のメンテ、家族のいざこざが大変なので
金銭的余裕があれば老人ホーム行きたいなあ~~~
社交場でエンジョイするぞーーーー(ってまだまだ先ですが)

image

ハワイ不動産は
ハツミキャンベル
info@hatsumihawaii.com
(808)220-1283

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です