ハワイで住宅ローンの利用

アメリカでは主に3つの形でローンが別れていますが全て銀行がローンを組みます。
購入者の方のPre-qualifyによって各銀行の金利が違います。

1)Conventional (一般の基準型、各銀行がプランを提供しています)
購入価格の20%の頭金があることが基準ですが20%以下の頭金の場合は
Mortgage Insuranceという保険を毎月かけることになります。
金額はローンとの比率、ローン金額などの条件で変わります。

最高購入価格の90%までローンが組めます。
固定金利、変動金利、分割期間も10年から40年までありますがもっとも基本になるのは 30年固定金利です。金利は下記の4つの条件をもとに決まります。
(1)クレジットスコアー
(2)所得と雇用年数 (最低同じ職種2年間)
(3)頭金
(4)流動資産(Saving、株、401Kなど)

2)FHAローン (Federal Housing Administrationがバックアップしているローン)
最低3.5%の頭金でローンが組めます。
Conventional と同じくMortgage Insuranceを毎月払います。
さらにローンを組む際にローン金額の1.55%のPremium Mortgage Insurance(PMI)を
収めることになります。
そのほかの条件はConventionalと同じです。

3)VAローン(これはVeterans AffairsがバックアップしているMilitaryの人たちだけが申し込めるローンです。)

お見積もりには下記の書類が必要です。
1)過去2回分のPayStubのコピー
2)過去2か月分のBank Statementのコピー(Checking Savingなどお持ちの口座
Onlineの場合はOfficialなもの。全ページ)
3)過去2年分のW-2
4)クレジットレポート これは弊社のシステムにて取りますので
現在の住所、SS# と生年月日が必要です。
5)頭金の予定金額

ローンオフィサーのご紹介もしております。
もし必要であれば直接メールを送信して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ワイキキ・カカアコ・アラモアナのコンドミニアム専門ハツミハワイコンドミニアムです。